太陽光

太陽光は、100年単位で考えると最も有望と思います。

長所

1. 太陽光の光子ひとつのエネルギーは、太陽表面と同じ 6,000度の力を持つ

2. 無料で地球上どこでも手に入る

3. クリーンである。

4. コストダウンにより一番安い発電方法になりつつある

短所

1. 人間が必要な量を集めるのに面積が必要。

  対策: 
  安くて広い場所(屋根・壁・砂漠・海面・湖面)を確保する
  電気への変換効率を上げる
  熱と電気を両方無駄なく利用する

2. 曇りの日は集まらない。

  対策: 
  電池を用意する、熱も利用するなら蓄熱槽を用意する

3. 装置価格がまだ高い。(世界価格は安いが国内価格が高い)

  対策: 
  コストダウンを待つ、長寿命品にする、メンテナンス不要品にする
  最新の太陽電池パネル価格

-----------------------------
記事

Science News: Near-infrared–to–visible highly selective thermal emitters based on an intrinsic semiconductor.
ソーラーフロンティアの太陽電池が進化してきた
再生可能エネルギーへの移行は推進できる
米国太陽光発電所の出荷価格は4.8円になりどの発電方法より安い
デンマークは風力発電だけで電力を賄えるようになった模様
太陽光発電の必読記事
太陽光発電のコストが一番安くなった
アメリカ海軍が海水から燃料を製造
量子電池の行方
量子電池 グエラバッテリー
あの3.11直前にエネルギーの未来についての興味深い講演があった
色素増感型太陽電池はまだ研究段階
うさみのりやさんの太陽光発電のアレな記事に補足
メガーソーラーの費用分析
太陽光発電の第一段階グリッドパリティは既に達成されている
Warren Buffett 氏 太陽光発電 へも進出
太陽光発電する紙
太陽光はやはり有望