Aug 9, 2017

イスラム教と日本国憲法の矛盾

イスラム教では、子供はイスラム教に強制される
イスラム教では、信者がイスラム教を辞めることができない、殺される

「日本国憲法第二十条 ○2  何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。」

 イスラム教では、男女同権ではない、一夫多妻制を認めている
  「日本国憲法第二十四条  婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。」

 イスラム教国では、シャリア法で残虐な刑罰が認められている、イスラム教信者の感覚はシャリア法に近い。
  「日本国憲法第三十六条 公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。」

以上から、イスラム教徒が日本に移民することは、日本国憲法と多数の点で矛盾するので、お勧めできない。

私は、イスラム教徒が日本で生活するなら、日本国憲法の範囲内で生活してもらいたい。もし、そうできないなら、イスラム教国へ移住してもらいたい。